FC2ブログ

白夜の官能小説

官能小説、アダルト小説のようなものを、あくまで趣味で書いています。あくまで趣味なので、厳しいことは言わないでね。

「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」22

日本に戻ると、成田からタクシーで高速を飛ばし、約束の時間ぎりぎりにホテルのロビーに着いた。仁科瑞穂が紅茶を飲んで待っていた。
瑞穂は高価そうな艶やかな柄の着物に身を包み、髪をアップにして、涼しい瞳で日本庭園を眺めていた。その姿は、昨日まで一緒だったハーフのようにエキゾティックな雪乃とは、まるで好対照だ。

ハワイでの最後の日、雪乃は結局のところ金を受け取らなかった。
「剣之助さん、ハワイで罪ほろぼししてくれて、本当にありがとう。だから、罪ほろぼしはもうこれで充分。その上に3000万円なんて受け取ったら、バチが当たっちゃうわ。」
「わかった。じゃあ500万円置いておくから、ホテルを出る時にこれで支払って。」
「ありがとう、剣之助さん。日本に帰ったら連絡します。その時は、お帰り!って、抱きしめてね!」
そのせいで、今日もこうして現金入りの重たいバッグを持ち続けている。







ホテルのロビーでは、瑞穂が大金入りのバッグなど気にもかけずに話し始めた。
「役員会で、主人の社長更迭が決定いたしました」
そうですか、おめでとうございます、というのも変な返事なので、剣之助は静かに頭を下げるだけにした。
「乾さんの奇抜な作戦のおかげです。夫にはこれから十分に反省してもらいます。本当にありがとうございました」
乾はただ下を向いていた。
「ところで、あの作戦は本当に噂通りなのですか?あの、女を見受ける代償に主人に3000万円を渡して恥をかかせたとかいう…」
「噂は嘘っぱちですよ。探偵稼業の私が3000万円なんて用意できるはずがないじゃないですか」
瑞穂はしばらく納得がいかないようだったが、紅茶をひと口飲むと、別にどうでもいい、というように、明るい笑顔になった。
「まあ、いいわ」
ロビーのカフェテリアから眺める日本庭園が、昼間の太陽で輝いていた。

「ところで、次の社長さんは、もう決まったのですか?」
「…それが…私になってしまったのです。」
瑞穂は嫌なことを思い出したかのように、顔を曇らせた。
「先代の一人娘が最もふさわしい、と、役員の全員一致の結論でした。まさかの展開です…」
剣之助はますます言葉を詰まらせた。返す言葉が見つからない。
「私、社長なんて嫌です…向いていないのは自分が一番よく知っています。それに社長なんかになったら、忙しくなって…剣之助さんにもなかなか会えなくなってしまう…」

沈黙の後、瑞穂が小さなハンドバッグから、見慣れたものを出した。このホテルの部屋のキーである。そっと剣之助の前に差し出した。
「剣之助さん…」
うつむく瑞穂を後にし、剣之助は部屋のキーをポケットに突っ込んで、エレベーターに向かった。







★ 「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」23につづく ★
----------------続きはTOPページのMENUからどうぞ。
スポンサーサイト
[PR]

「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」21

剣之助は雪乃のパートナーから、一転してギャラリーに変わった。
2人はベッドに移動し、雪乃は四つん這いでフェラチオを続行した。ボーイの激しい感じ方に反応して、雪乃も奉仕の快感に浸っているらしく、マンコは光ったようによく濡れているのが、ソファで観賞している剣之助の位置からもよく見える。
雪乃が急激に昇りつめていくのがわかった。四つん這いで奉仕する喜びと、剣之助に見られているという甘美な羞恥心が雪乃を追いつめ、ついに咥えたまま「ふんがー!」と咆哮して果てた。

ボーイはすんでのところで射精を免れたが、雪乃が女性上位で合体してきたので、またもや悶絶することになった。
雪乃は明らかにソファで傍観している剣之助に見られたいと思っているので、ボーイはそっちのけで足をM字に開いて、結合部を剣之助の方に晒している。
「あはー、剣之助さん見える?こんなに入っちゃったー、あーん、気持ちいー!」
雪乃はクリトリスを指で愛撫し始めた。もちろん剣之助に見せるためである。
「ああっ気持ちいいっ、ねえ、剣之助さんも来てっ、一緒にっ、一緒にっ!」
ソファで眺めていた剣之助は雪乃の顔にチンポを近づけると、挿入で体を揺らしながらも必死で剣之助のチンポを咥え、ねぶり回した。
「ムフーッ、あいーっ、はぐん、わむ、あひーっ」







そんな時、剣之助が、どこが異なる快感を覚えた。しかし、それは明らかに射精とは違う。あれ…まいったな…この場の雰囲気は壊したくないし…。「ああ、でも、やばい…」剣之助は小便が我慢できなくなってきたのだ。
「ねえ、雪乃ちゃんのフェラ、すごく気持ちいい。すごく気持ちよくて、なんか…このままオシッコしたくなってきた…」
必死にねぶりつく雪乃の表情が一瞬固まったが、言葉の意味を理解すると、雪乃が言った。
「オシッコして、雪乃のお口の中に…」
勃起した剣之助のチンポから、最初はチョロチョロと小便が出て、受け口となる雪乃の口に注がれた。それはあっという間に口の中で満杯になり、雪乃はこぼすまいとゴクリと飲み干した。
勢いはだんだんと強くなり、それからの満杯は飲みきることができず、口から溢れた小便は雪乃の体をつたって滝のように落ちてゆく。それでも必死に雪乃は全ての小便を口で受けようと必死になっている。
「ジョボジョボウガガーゴアジョボボガーウガー…」
ベッドに仰向けで雪乃と合体しているボーイが、
「ソー、クレイジー…オオウ、オオウ!」
と頭を振りながら、我慢できずについに射精をした。

ボーイが射精してもまだ、雪乃は小便を口で受けることに必死になっていた。
剣之助の長い小便が終わると、雪乃は顔も体も小便まみれになっていた。最後の満杯を、恍惚とした表情でゴクリと飲み干すと、しばらくの間は茫然として自分のびしょ濡れの体を見つめた。私、何をしたんだろう?ボーイ君を攻めながら、剣之助さんのもお口でご奉仕した。それから、剣之助さんが、おしっこしたいって言って…それをお口で受けて…ああ、体がビショビショ…これ、おしっこだわ…私ったら…私ったら…。今までのことをひと通り思い返して、雪乃はゆっくりと天井を見上げた。そして天を仰ぐようにして、かつてない強い絶頂を迎えていった。
「イク…ア…イク…イ―ッちゃーうー…イーク―ッ!」


「明日からはさっきのイケメンボーイ君を可愛がってあげるんだよ、はい、これ。」
そういって、剣之助はボーイの携帯番号のメモを渡した。
「あん、もう、いやん、雪乃は剣之助さんがいいのにい…」








★ 「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」22につづく ★
----------------続きはTOPページのMENUからどうぞ。

「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」20

「ねえ、どうしても明日、日本に帰っちゃうの?雪乃、寂しいな…」
そう言いながら、剣之助のチンポを美味しそうにしゃぶっては、だんだんと自らが酔いしれていく。
今は海を見渡すスイートの広いバルコニーで、大胆な白と黒のストライプのビキニ姿である。普通の日本人では着こなせないようなセクシーな水着だが、ラテンダンサーのようなしなやかな肢体は、まるでステージ衣装のように魅力的に着こなしてしまう。
バルコニーで立って海を眺める剣之助の足元に膝まづいて、大好きな奉仕をしているのだ。
サングラスを頭にかけ、キラキラした大きなピアスを付けて、フェラチオに興じている。バルコニーの塀がそれを隠している。
「そんなにフェラに夢中になってるんじゃ、もうベトベトなんじゃない?」
剣之助がからかうと、雪乃が剣之助を見上げ、チンポを咥えたまま恥ずかしそうな表情で、ウンウンと頷いた。
雪乃を立たせ、剣之助はバルコニーの塀に手をつかせた。ビキニの両サイドの紐を引っ張ると、外れて、下半身が丸見えになった。剣之助は雪乃の後ろに立ち、挿入すると、スルッといとも簡単に入った。
「いやーん、こんなところでーっ?…あ、あ、ああ、気持ちいいっ!」
海岸側から見ると、恋人どうし、男がビキニの女の後ろに密着してビーチの景色を楽しんでいる、そんな風に見える。
「剣之助さん、動かないで!動くと感じちゃう!外の人にバレちゃう!」
アメリカ人の中年の夫婦がビーチを横切る。仲よさそうな2人が笑顔で手を振ってきた。剣之助はゆっくりと腰をグラインドさせながら、中年の夫婦に手を振る。
「ほら、雪乃ちゃんも手を振ってあげなくちゃ。」
「あ、は、あイヤ、ああ…」
感じながらも精一杯の笑顔で雪乃は手を振る。







ホテルの若いボーイがやって来た。
「あ、雪乃ちゃんが可愛いって言ってたボーイ君が来たよ。」
腰をゆっくりとグラインドさせる。
「あ、あはあ、あああ…」
雪乃は、声を押し殺しながら必死に笑顔でボーイに手を振った。
「雪乃ちゃん、そういえば、彼ならイケメンだから一度くらいはいいかも、って言ってたよね。」
「あ、ああ、冗談に決まってるじゃない、あああ…」
笑顔で手を振り返すボーイに、剣之助がジェスチャーで水を持ってくるよう指示した。ボーイは手でOK
サインを作った。雪乃は小刻みに手を振って必死に快感に耐えていた。

ボーイが鍵のかかっていないスイートルームを開けて入ると、剣之助と雪乃が女性上位で合体していた。
「キャーッ!」
雪乃は叫び声を上げたが、剣之助の下からの一突きで、快感に押し戻された。
「あ、ああーんッ!」
ボーイは「ワオ…」とひと言つぶやくと、目を丸くして結合部に目を奪われた。
剣之助が片言の英語で「よかったら見ていってくれ」と言う。
ボーイは小さな声で「オーケー…」と言った。
剣之助はチンポを引き抜くと、立ち上がって雪乃にフェラチオを指示した。雪乃は朦朧としながら、剣之助に膝まづくと、大きく口を開けて頬ばった。女は、ついにプレイの本質を理解し、受け入れることを覚悟したようである。ギャラリーにもウットリとした表情で目配せを始めた。

「ワオ…」と感嘆し続けているボーイに、剣之助が「君もどう?」と聞いた。ボーイは信じられないといった表情をしていたが、やがて笑顔で「…イエス、サー」と答えた。
剣之助の横に下半身をむき出しにしたボーイが来ると、雪乃は剣之助のチンポから口を外し、彼の前に膝で移動した。
「あなたもして欲しいの?」
片言の英語でもったいぶって尋ねると、雪乃は勃起した一物の先端に、チュッと軽くキスをした。ボーイは20代そこそこである。女性の奉仕は経験も少ないのだろう。ましてや奉仕好きの女のテクニックは未知の快感に違いない。
「アウ…オウ…オウ…」
雪乃のねぶりが、ボーイにとっていかに衝撃的だったかが伝わってきた。







★ 「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」21につづく ★
----------------続きはTOPページのMENUからどうぞ。

Top

HOME

このブログは
成人向けのものです
未成年の方は
退出をお願いします





白夜

白夜 -hakuya-

Author:白夜 -hakuya-
アマチュア官能小説家


39才男性
都内某所にて
自営業の傍ら
あくまで趣味で
書いています
普段は好感のもてる清潔な
そこそこイケメンです
励みになるので
感想をお待ちしております

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文: