FC2ブログ

白夜の官能小説

官能小説、アダルト小説のようなものを、あくまで趣味で書いています。あくまで趣味なので、厳しいことは言わないでね。

「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」19

「エヘ!エヘヘヘ!ヤン、そんなに顔見ないでよー!」
まだ合体したままだが、冷静さを取り戻した雪乃が、剣之助に見つめられて照れていた。
初めて挿入でイケた驚き、そして悦び。奉仕するのとは明らかに異なる、挿入オーガズム。大量に潮を吹いたことの恥ずかしさ。さまざまな感情が入り混じって、雪乃は結果的に照れて顔を隠すしかなかった。
「ねえ、雪乃ちゃん、さっき脇の下を舐めてくれたよね?あれ、すごく気持ちよかった。またしてくれる?」
「うふふ、いいわよ」
挿入したまま体位を女性上位に切り替え、剣之助は腕を広げて脇を露わにした。
すでにチンポは深々と奥まで挿入されているが、ピストン運動はしていない。雪乃は剣之助の上で、脇の下を舐め始めた。
「チュオプ…シュププ…どうお?気持ちいい?」
「すごく気持ちいいよ。すごくいい」
「うふ、うれしい…ニャムン…レロム…」
雪乃に再び変化が訪れてきた。挿入に奉仕の快感が加わり、ダブルで高まってきたのである。
「はああ、ああ、ああ、チャプ、ああ、いい…」







「ねえ雪乃ちゃん、少し腰を動かしてごらん?僕への愛撫も忘れないように。」
雪乃は言われた通り、自ら動いてピストン運動を始めた。脇の下への舐め愛撫も忘れない。
チンポが入っていく度に「ううあ」と言い、抜く度に「んはあ」と繰り返す。脇を舐める濡れた音が部屋に響く。
剣之助が何も指示していないのに、雪乃が体をずらす速度を徐々に上げていった。自分からピストン運動を速めている。
「ああ、ねえ、ねえ、両方とも気持ちいいの…」
「奉仕するのも、チンポも、両方?」
「そう、そう、そう、ああ、すごい、何これ?何これえっ?すごいのーっ!」
剣之助の脇にうずめていた顔から、ふだんの雪乃からは決して想像できない、低い地響きのような叫びが発された。
「いいぐうううー」
雪乃に憑依した悪魔が顔を出したような、恐ろしい声だ。
全身がガクガクと震え、ジャーと音を立てて雪乃が失禁した。

失禁の流れに逆行するように、剣之助は雪乃の中にザーメンを放出した。

エキゾティックな顔立ちが真に照れて、雪乃は火照ったように赤くなっていた。トップダンサーのようなスラリとした見事な肢体と、子供のように照れた態度とのギャップがアンバランスで、小悪魔的だ。雪乃は剣之助に抱きついて、細く長い足を絡ませている。
「恥ずかしい、でも、うれしい。アソコでもイケちゃったなんて初めてだもの。ウフ…」
「よかったね。これも少しは罪滅ぼしになったかな」
「…ねえ剣之助さん、明日はどこに行くう?それからあ、もったいないからお部屋もひとつにしようよ、そして…毎晩こうして…キャッ!」







★ 「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」20につづく ★
----------------続きはTOPページのMENUからどうぞ。
スポンサーサイト
[PR]

« 「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」20|Top|「大富豪、時々探偵。 ~放蕩夫にお仕置きを~」18 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hakuyashosetsu.blog.fc2.com/tb.php/30-6fdc307f

Top

HOME

このブログは
成人向けのものです
未成年の方は
退出をお願いします





白夜

白夜 -hakuya-

Author:白夜 -hakuya-
アマチュア官能小説家


39才男性
都内某所にて
自営業の傍ら
あくまで趣味で
書いています
普段は好感のもてる清潔な
そこそこイケメンです
励みになるので
感想をお待ちしております

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文: